Simms® G3 Stocking foot

季節商品

¥ 110,000 税込

加算ポイント:1,000pt

商品コード: SMS-SG3

メーカー:マーヴェリック

関連カテゴリ

  1. Wear
  2. ウェーダー

■Name:シムス G3ストッキングフット
■Color:ガンメタル
■US Size:XS・S・M・MS・SK・MK・ML・MKS・L・LS・LK・LKS・XL・他
■Fabric:3レイヤー+New4レイヤーゴアテックス®プロシェル

made in USA(MONTANA)

シムスの中で人気を保持しているフラッグシップウェーダーで、私がこのモデルを長年履き続けている一人。愛用する理由はこれ以上高いモデルだと大事に扱おうとして大胆な動きがしにくい事と、釣行回数が多く酷使するので長持ちするハイエンドモデルを履きたいのです(といっても私は年に一回購入しますから一年で駄目にします)。


今年からシムスウェーダーは全てUSサイズになりましたが、多サイズなUSモデルになったことでジャパンモデルと違い限定生産ではなくなったので、早い時期の品切れは無くなると思われます(多分・・)。

ファブリックには4レイヤーのプロシェルゴアテックスを採用、シムス独特のスネ部の立体裁断は特許を取得した技術。さらに擦れやすい部分に縫い目がこないようにすることで、より丈夫で快適なウェーダーです。今回のモデルも尻の部分が4レイヤーになっているので、毎年尻周りに穴を開けている私には嬉しい限り。

前作との違いは表面の縁取りにシムスオレンジが使われている事と、ハンドウォーマーポケットはマチがあるジッパー付きになりました。インナーにはマイクロフリースを採用。胸にフライパッチが取り付けられるベルクロ部分は新たなデザイン。内ポケットであるティペットテンダーポケットはジッパーで取り外し可能。最後に一番違う点は、今までベロベロに伸びていたサスペンダーがパッド付きになり、そのクロス部分にD環が付いた事で、ランディングネットなどをウェーダに直接繋げる事ができるようになりました。ついでにウェーダーのベルト位置が二箇所になったのは日本人には嬉しい限り。

言葉だけだと伝わりづらい部分もありますが、私の使っている印象では丈夫さはシムスの中で一番。足曲げも良く快適(サスペンダーが引っ張られない)です。履けばそのシルエットの綺麗さで価格は納得ですが、全体に細身なので履く人が選ばれている感が否めないのも事実。ちなみに慎重178cmの細身の私がUS-Mがぴったりで、日本人はSKかSの方が多いと思います。(madein MONTANA)

プルダウンメニューでサイズを選んで注文できないモデルは、店頭在庫が無いか、またはメーカー在庫も品切れです。予約注文をご希望の方はメールにて予約注文を承ります(こちら)。追っておおよその納期をご連絡いたします。

*下記サイズ表記以外にも2XLモデル以上が7サイズございますが、基本的にメーカー在庫がなく予約注文です。上記サイズ表に記載が無い大きめのサイズをご希望の場合は予約注文時に内金を頂くことになりますので、ご了承ください。

Size 胴回り 股下 靴のサイズ目安
  US-XS 89〜92cm 75〜78cm 25〜27cm
  US-S 89〜92cm 78〜81cm 25〜27cm
  US-SK 94〜97cm 78〜81cm 25〜27cm
  US-M 94〜97cm 81〜83cm 27〜29cm
  US-MK 99〜102cm 81〜83cm 27〜29cm
  US-MS 99〜102cm 78〜81cm 27〜29cm
  US-ML 99〜102cm 88〜91cm 27〜29cm
  US-L(9-11) 109〜112cm 83〜86cm 27〜29cm
  US-L(12-13) 109〜112cm 83〜86cm 30〜31cm
  US-LK 114〜117cm 83〜86cm 27〜29cm
  US-LS 109〜112cm 78〜81cm 27〜29cm
  US-L Long(9-11) 109〜112cm 88〜91cm 27〜29cm
  US-L Long(12-13) 109〜112cm 88〜91cm 30〜31cm
  US-XL 119〜122cm 88〜91cm 30〜31cm
  US-XLS 119〜122cm 83〜86cm 27〜29cm
  US-XLK 124〜127cm 88〜91cm 30〜31cm
  US-XL Long 119〜122cm 93〜96cm 30〜31cm

*ベルト・ティペットテンダーポケット付属。
*S→ショート(股下が短いタイプ/例:MS)・L→ロング(股下が長いタイプ/例:ML)・K→キング(身頃が広いタイプ/例:MK)。また、メーカーカタログではLLという表記がありますが、日本で言うLLではありませんので、L Longと表記しました。


■新着商品紹介■